20200423

経済活動がほぼ止まっていると

言っていいこの日本の状況であるが

つまるところ

このコロナ時代の生き延び方として

昨日ご紹介した宮田先生の

ニューノーマル
新しい日常


という考え方は

とてもシンプルでわかりやすい

確かなことはただ一つ、

「今まで通りには絶対にならない」

ということ

考え方、価値観、道徳、生活、

働くということ、経済、

全てにおいて新しい基準や

スタンダードを作らなければならない

この見解が

少し遠い未来の指針だとしたら

もう少し近い時間軸、

「では今日どうする?
では明日はどうする?」

このことについては

星野リゾート代表・星野佳路さんの見方が

とてもスマートでなめらかだなー思ったので

シェアしたい…
 「観光市場について、新型コロナウイルスの感染拡大については、医療崩壊を起こさないことが重要だし、社会の動きとしてはやはり感染者数が拡大するときには自粛する。ただし、経済活動を1年から1年半すべてとめると誰も生活できなくなる。
 だから、ワクチンや治療薬ができるまでは、感染者数が拡大しない範囲で、医療崩壊をまったく起こさない範囲で、経済活動を適度なレベルに維持する状態が続くだろう。当面は自粛期間と緩和期間を繰り返していくことになる。旅行業は自粛期にはダウンし、緩和期にも一気に完全に戻るわけではないが、少しは事業環境が回復する。こうした繰り返しだと思っている。」


ずーっと自粛や自粛からの解放…

と言ったことではなく、

「自粛と緩和」をずっと繰り返しながら

少しずつ経済活動が回っていったら

いいなーって思います⭐️



and K

ここは湘南・辻堂東海岸。 デリのテイクアウト&デリバリーのシェフkoさんと Hairsalonのスタイリストkanaさんが営む 少し変わった一軒家です。

0コメント

  • 1000 / 1000