20190128

一喜一憂する」っていう言葉

(状況が変化するたびに、それにつれて喜んだり心配したりすること)

これってやはりマイナスな要素で

使われることが多いですね

それに対して

鴨ちゃんはこう言っていました

「これからは
小さなことにも

一喜一喜だ❣️」


って😃

つまり、日常どんな些細なことでも

流さずに

「ふんふん、なるほどー👍🏻」

とか

「そういうことかぁ✨勉強になるなぁ」

とか

「この子も成長したなぁ…❤️」

とか

日常の小さな小さなことも

そこに対する気付きや学びを

拾い上げて

いちいち喜ぶ😊


です

この「いちいち喜ぶ」がポイント🌟

それを言葉に出して言えば

よりgood💪🏻

脳みそが喜んでいることを認識するからです



それでいうとね、

今日夕方保育園にお迎えの後に

keito&kanoaを連れて買い物に

付き合ってもらった時のこと

kanoaをカートに乗せて行こうとしたら

keiちゃんが

「keiちゃんがカート押す〜‼️」

って言い出したんです

時間もあまりないし、

買うものもほんのちょこっとなので

サッと終わらせて家に戻りたいのもあって

「えー、いいよいいよ😣

パパが押していくからー」

って言ったら

「keiちゃんが押すのー‼️‼️💢」って

聞かないから

「ねぇ、どうしてそんなに押したいの?」

って聞いたら

「だってkanoaが喜ぶから❤️」

って言うんです…
(写真だとkanoaあんまり喜んでないですがw)

それを聞いて「ハッ」となった訳です

keiちゃんは人を喜ばせようとする気持ちを

常に持ち合わせているんだ…と

それをたど僕は

時間がないからとか、

人にぶつかって危ないとか、

そういうマイナス面でしか見てなかったけど

keiちゃんはただただ純粋に

kanoaを喜ばせたいと

人を笑顔にしたいと思っただけだったんです

こういうことに「いちいち気づいて」

一喜一喜することが大切なんだなって

そういうことが心を豊かにするんだなって

子供から学ぶ訳ですよね…✨

僕らandkがしていること

「みんなを笑顔にする」

を、keiちゃんは

実はもうわかってるのかもしれないね🥰

ありがとうね、keito👍🏻👍🏻






and K

湘南・辻堂東海岸にある、 CafeとHairsalon、 スナック「チーズ」の 一軒家です。

0コメント

  • 1000 / 1000