20170912

ランチが終わってから

用事があって市役所に行ったんですね

で、その後に某コンビニに立ち寄りました

おにぎり🍙でも買って帰ろうと…

(これは素材写真です)

おにぎりコーナーの棚に行くと

女性の店員さんが、

おにぎりの陳列時間のチェックと

仕分けをしていました(多分)

そのやや斜め後ろから

その方の頭越しに見る感じで

僕はおにぎりを選んでいました

すると彼女は

仕分けして棚から外したおにぎりを

床の買い物かごに投げ入れ始めたんです

無言で…(◞‸◟)

僕がすぐ後ろにいるのにです

ガサッ   バサッ  ガサッ  ガサッと

何個も

やめるかなぁ…と思いきや、

真面目にひたむきに

ガサッ  バサッと

やれやれ…

まぢか…


ただそこで僕はこう考えました

(この店員のせいでこの夕方の貴重な時間を

嫌な気分にさせられるのはもったいない❗️

自分だったらどうするか?

これを教材に考えてみよう❗️)と


まず根本として、

「お客様目線を持てるか持てないか」

が全てです

このおにぎりを仕分けする作業も

お客様に新鮮な商品をお届けする

大切なサービスであると…

その作業をするときにもし、

違うおにぎりを選んでいるお客様がいたら

作業を一旦やめるか、

せめて買い物かごを手に持って

邪魔にならないようにそっと仕分ける…

「あ、このおにぎり新商品ですよ!」

なんて言ってあげたらサイコー⑅◡̈*


全てに言えることだけど

「他者の目を持つこと」

ってホントに大切なことだなーって


他者の目を持つことのポイントは

①他者の立場になってみること

②他者から自分がどう映っているのか

この二つの目が持てるかということです

その瞬間、

そんなことを彼女に教えてもらいました☺︎

いい時間をありがとうございました🌈





and K

湘南・辻堂東海岸にある、CafeとHairsalonの一軒家です。

0コメント

  • 1000 / 1000